保険のキク煎じ漢方治療【掌蹠膿疱症】19ヶ月目

妊娠継続中で恐らく基礎グラフ高温期への移動でホルモンバランスが整ったのだろうか
膿疱はこの1ヶ月間 枯れる→ほとんど出現せず の超絶好調の状態に!
永遠に妊娠してたい♡ という衝動にかられたその矢先



ボツンボツンと大きな膿疱が久々にお目見えしたと思えば
日に日に石鹸を細かく泡立てたように手の平は状態悪化
妊娠の兆候といわれる悪阻(つわり)などのものが次々と消えはじめ



年明け妊娠3ヶ月目前の検診にて



稽留(ケイリュウ)流産の診断



そんな凹んだ状態で本年最初の煎じ漢方クリニックへ


Dr.「どうですかぁ~?」

本日 稽留(ケイリュウ)流産 と診断され
月曜処置、火曜手術となり
投薬、麻酔等があるのですがお薬併用大丈夫でしょうか?

と伝え尋ねると

産婦人科での処方&手術時の投薬、麻酔等
クロの処方には作用を起こさない状態のものなので
大丈夫との診断をもらい

脈診と舌診

煎じ薬は11月に処方されたものに戻し
サフラン(眠薬&婦人科的効果)を処方され
2週間後の再診となった
丸薬は家にまだあまりがあったのでソレを服用




膿疱は体の調子のバロメータのようである







良いのか悪いのかorz






本家極重ブログ

掌蹠膿疱症完治マデ。o○o。kuro's room。o○o。

 参考 

全国臨床漢方医リスト
※都道府県別名簿を掲載
煎じ薬、保険適用、四診等不明にて各病院へお問い合わせ下さい

医者の選ぶ病院
本屋さんの医学コーナを覗いてみてください




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0