保険煎じ漢方治療【掌蹠膿疱症 】14ヶ月目



保険のきく煎じ漢方治療14ヶ月目


喉に炎症を抱えるクロは
外出時、乾燥から喉を守るために喉飴を手放さないことにした
画像



膿疱の状態は

細かい泡の様な集団膿疱の出現する頻度、範囲が減り
大きな膿疱がポチン・・・・ポチン・・・・と出て2日くらいで枯れる
とりあえず前よりも手足を見て悲しむ度が減ったのが嬉しい


出現しまくっていた口内炎もDr.処方であっさりと消滅


画像



画像


一時は「またぶり返すのか('A`|||)? 」と凹ませてくれた手足も
薬が効いてきたのか落ち着きを取り戻しはじめ、特に足の調子がイイので

調子にのって、欠かせなかった靴敷をハズしてみましたヨ。

すると過去に痛さをかばって歩いてたのがハッキリわかる程
靴に違和感を感じることができた。。。。。なんだかコソばく嬉しかった


保険のきく煎じ漢方クリニックへ


Dr.「どうですか~?」
上の状態をDr.に話す

Dr.「落ち着いてはいるけれども・・・・
   暑さもあって悪化しやすいこの季節
   
油断せずにいきましょう」

と指導を受け

脈、舌を診てもらい
症状が落ち着いているのでお薬はそのまま2週間分で様子をみることになった



本家極重ブログ

掌蹠膿疱症完治マデ。o○o。kuro's room。o○o。

 参考 

全国臨床漢方医リスト
※都道府県別名簿を掲載
煎じ薬、保険適用、四診等不明にて各病院へお問い合わせ下さい

医者の選ぶ病院
本屋さんの医学コーナを覗いてみてください





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0